MENU

収入証明不要カードローンを郵送物無しで利用する

店舗取引なら原則郵送物無しでいける

収入証明不要カードローンなら面倒な年収証明書のやり取りがないので気軽に申し込めます。証明書を郵送しなければならない場合、その返送を受けるときに周囲に利用事実が漏れる可能性もありますから心配にもなります。また、発行されたカードの送付や案内状などは郵送物無しの条件で取引しない限り送られてくる可能性があります。

 

消費者金融では早くから収入証明不要カードローンを郵送物無しで利用できる状態になっていました。それもそのはずで、駅前などの比較的わかりやすい場所に数多く店舗を展開し、そこで申し込み客を迎える形での営業が当たり前で、その場で審査、その場でカード発行でした。そこには郵便を使う必要性がありません。

 

あとからできた郵送申し込みやインターネット申し込みの場合に、カードなどの送付が必要になる場面があるだけです。これも、最寄の店舗に出向いて受取れば郵送物無しですませられます。送ってもらうか受け取りに行くかは、申し込み時に条件を選択するだけです。

 

銀行でも郵送物無しで取引できる

一方、銀行などの金融機関で扱っている収入証明不要カードローンの場合は、申し込みからカードの受け取りまでを店舗で完結することのほうが珍しかったといえるでしょう。そこは、銀行系クレジットカードの契約と同じようなものです。しかし、顧客の利便性を考えないと事業の発展はないところから、現在では銀行などでも郵送物無しで取引できるようになっています。

 

・インターネットで審査申し込み
・メールや電話で審査結果の通知と確認
・店舗窓口か自動機械で契約手続きとカード発行
・そばに設置してあるATMで借入れ

 

一般的には上記のパターンで取引ができます。
審査に通過した場合だけ店舗に行けば良いので、無駄な時間を使いません。審査後だから、契約手続きもたいていは定型的なもので短時間で終わり、すぐに現金を持って帰れるわけです。

 

もし、収入証明不要カードローンの取引の中で、どうしても郵送物無しにできない場合は、一見してそれとわからない送り主の名前で送付してくれる業者もあります。そのあたりは個別に確認すると良いでしょう。