MENU

収入証明不要カードローンは収入証明書が要らないだけ

収入証明不要ならいつでも申し込める

 

収入証明不要カードローンなら、提出書類としては申込書と本人確認できるものさえあれ契約できます。収入証明書を用意しなければ使えないカードローンと違って、思い立ったときにすぐ申し込めるのが利点です。たまに勘違いしている人がいますが、収入がなくても構わないという意味ではありません。

 

キャッシングサービスの審査では、申込者本人に返済するだけの経済的な能力があるかが調べられます。実際の返済能力は収入から生活費など暮らしにかかる費用と他社借入れの返済額などを差し引いた残り次第です。しかし、そこまで立ち入ったことを調べることはできませんので、職業と収入、住まいと家族構成、他社借入れを申込書で申告してもらうのです。

 

といっても、それだけでは申告内容がウソかも知れません。そこで、他社借入れなど借金に関する部分は信用情報登録機関に登録されている情報で確認します。収入については収入証明書で確認することができます。

 

収入証明は不要でも収入は必要という当然の事実

 

収入証明不要カードローンでは、この重要な収入証明書を見ないので、貸し手の側のリスクは少なくありません。少しでも多く借りたい申込者が実際より多く収入を申告すると、双方にマイナスの結果がでかねない懸念があります。そこで、顧客保護・過剰貸付を防止する意味もあり、貸金業の場合は50万円を超える収入証明不要カードローンはありません。銀行の場合も、各行の判断で上限を設けています。ただ、一律の消費者金融と異なり、その幅はかなり広くなっています。現状では300万円まで収入証明書が要らない銀行がありますので、ほとんどの人のニーズはカバーできるでしょう。

 

最後に、当たり前ですが収入は審査の1項目に過ぎませんので、証明書不要でも300万円の借入れができるかどうかの結論に有利となるわけではありません。収入証明不要カードローンは、収入証明書を準備する必要がない点において便利なのです。300万円を借りた気分になっていると、残念な結果になるかも知れません。