MENU

消費者金融の収入証明不要カードローンは50万円以下に限られる

消費者金融の収入証明不要は50万円以下

消費者金融のキャッシングサービスの限度額は増加傾向にあります。そのため、契約に際して収入証明をしなければならないことも増えているようです。面倒なことが苦手な人であれば、収入証明不要カードローンが重宝するでしょう。

 

消費者金融で初めて融資を受けるときは、一般的に50万円以下の限度額が設定されます。職業の属性によっては30万円以下にもなります。ただ、画一的な設定ではなく審査結果次第でこの数字は変わるものです。おまとめローン利用の場合は50万円を超える限度額での契約になることもありますね。

 

さて、収入証明不要カードローンですが、消費者金融の場合は限度額50万円以下の契約で利用することになります。ここまでは基本的に証明書の提出が要らない融資額なのです。逆にいえば、限度額が50万円を超える契約を結ぶ場合は、必ず収入証明書類を出さないといけません。つまり、消費者金融では50万円まででないと収入証明不要カードローンの契約をすることができないのです。

 

貸金業者が守らねばならない法律の壁

なぜ、このような扱いになっているのかといえば、貸金業法の定めがあるためです。同法には、貸付金額、極度額(限度額)が50万円を超えるときは年収を証明する書類のチェックをしなければならない旨の規定があります。
お客さんの手間を省きたいと思っても、50万円を超える契約を収入証明不要カードローンにすることは許されないのです。

 

同様に、複数の消費者金融からの借入れ総額が100万円を超える場合も収入証明不要カードローンにはできません。

 

収入証明書を用意することは確かに手間です。しかし、特別な手続きをしなくても手に入る証明書類もあります。

 

そのひとつが年に一会社から回貰っている源泉徴収票です。もっとも、ちゃんと保管していないと年に一回では間に合わないこともあるでしょう。そんな人には給与明細書があります。地方税の記載があるものであれば1ヶ月分だけで間に合います。収入証明不要カードローンでなくても、貸し付け条件が良い場合は考えてみましょう。