MENU

収入証明不要カードローンに所得証明書は不要だけれど

金額が上がれば必要になる収入証明

 

収入証明不要カードローンとは所得証明書などを提出することなく手続きができるカードローンのことです。所得証明書を必要とするのは、消費者金融の場合ですと借入金額または限度額が50万円を超える場合や、各社の借入れ額を合計すると100万円を超える場合です。

 

たとえば、現在41万円を借りている消費者金融に10万円の借入れを申し込むと、その消費者金融単独の合計で50万円を超えます。
また、既に他社から91万円を借りている状態で、新規に別の消費者金融から10万円を借りようとすると全社の合計が100万円を超えてしまいます。
このようなケースで所得証明書が求められ、収入証明不要カードローンではなくなります。

 

しかし、そもそも借入額が一定以上になると、どうして所得証明書が必要になるのでしょうか。まず、そこからみて行きます。

 

収入証明書は過剰融資のストッパー

貸金業に対する規制のひとつに、過剰な貸付の禁止があります。借金で首が回らない人を作らないためです。具体的には、貸付は全社合計で年収の三分の一以内に限られています。そこで、上記のようなケースで年収の把握、過剰かどうかの判断のために年収を証明する書類の提出を求めることになっているのです。

 

この規制は国の法律である貸金業法を根拠としています。従って、勝手に収入証明不要カードローンにするわけにはいきません。そんなことをしたら、100万円以下の罰金が待っていますし、行政処分もあるでしょう。下手をすると貸金業を続けられなくなります。

 

所得証明書は、年収を証明する書類の一種であり、その人の年間所得を市区町村が証明する書類です。一般的に会社員であれば源泉徴収票でわかる内容ですが、一年を通じて同じ会社にいたわけではない場合などに使われます。
提出または提供する書類は、所得証明書でなくても年収を証明する書類であって、貸金業者が指定した書類であれば構いません。
収入証明不要カードローンとして利用するなら、限度額に注意する必要があることをおぼえておきましょう。