MENU

収入証明不要カードローンなら銀行カードローンが有利

銀行の収入証明不要限度額はとても大きい

銀行カードローンはサービス内容が充実しています。ちょっと大き目の借入れでも収入証明不要カードローンとして使えるのも魅力です。

 

これまでのキャッシングは、ちょっとしたレジャー資金を借りるとか、今月は少し使いすぎてピンチだという場合のつなぎ資金を借りるイメージがありました。しかし、いまの銀行カードローンは何か大きな夢にチャレンジするための軍資金を用意できるスケールのものであり、同時に多重債務を解消するおまとめローンとしても役に立つ商品に仕上がっています。

 

このような金額的に大きな契約でこそ、銀行カードローンの真価が発揮されるというものです。金利面では他の貸金業者もがんばっていますが、銀行よりも安いというケースは多くはないでしょう。さらに、貸金業者には真似のできない点として、300万円までなら収入証明不要カードローンになる銀行が複数あることがあげられます。

 

消費者金融などの貸金業者は貸金業法による規制を受けていますので、50万円を超える契約は収入証明不要カードローンにできません。しかし、銀行は銀行であって貸金業ではありません。従って、貸金業法の適用がないのです。そこで、各行とも独自の判断で収入証明不要カードローンの限度額を決めているのです。

 

銀行だから各行間の差が大きな限度額

各行が独自に収入証明不要カードローンの適用金額を設定していることから、銀行間でかなりの差があります。最高300万円のところもあれば、100万円までのところもあります。すべての銀行を調査してみたらいくつものパターンが見られることでしょう。ここは貸金業者には見られない銀行カードローンに特有の部分です。ただし、収入証明書を求める分にはいくら厳しくても構わないため、貸金業者でも銀行でも1円から収入証明を求めてくる可能性はあります。

 

審査状況次第では証明が必要になる可能性はあるものの、収入証明不要カードローンは原則として手間が省けるわけです。他の条件が同じであれば、手間のかからない銀行カードローンを選ぶのが得策といえそうです。