MENU

50万円を超えると扱いが変わる収入証明不要カードローン

50万円以下なら収入証明不要カードローンで

収入証明不要カードローンが人気ですが、キャッシングサービスの多くは本人確認書類以外の書類を用意しなくても利用できるものです。事業性資金としてでなければ原則使用目的が自由であるフリーのキャッシング、カードローンは、無担保・無保証かつ余計な書類が要らないことが特徴だからです。

 

ところが、借金が膨らんで破産しなければならないような多重債務者が増加したことで、貸金業の規制が強化され、収入証明不要カードローンで扱える限度額が下がってしまったのです。その分岐点が50万円です。以前から、消費者金融として任意に高額の貸付に際して年収の証明書確認をしていた事実はあるものの、法律によってガッチリと縛られたことは大きいです。

 

従って、50万円以下の申し込みであれば法的には収入証明不要カードローンで対応できるものの、50万円を超える申し込みとなると無理です。

 

証明書なしで50万を超える手段は銀行しかない

それでは、収入を証明する書類が用意できない人が50万円を超える貸付を受ける手がないのかといえば、そうではありません。あくまでも、消費者金融などの貸金業者からは無理だというだけであり、銀行や信用金庫などの融資は別の話になります。

 

しかし、銀行のカードローンの説明をよく読むと、保証会社として消費者金融の名前が入っているものが多いです。結局は消費者金融が絡むのに、直接は駄目で保証はOKって変な感じもしますが、そこは各業界によって違う法律の問題なので気にしても仕方ないです。

 

銀行や信用金庫などであれば、50万円どころか300万円でも収入証明不要カードローンがありますので、便利には違いないです。しかし、収入を証明する書類を用意できない人が、多額の借入れをできるのか、できたとして返済できるのかという問題もあります。

 

それはともかく、年収証明を用意することはできるが、面倒な手間はかけたくないという人にとって、50万円を超えても利用できる収入証明不要カードローンの存在はありがたいものです。