MENU

収入証明不要カードローンは便利な分だけ制約もある

収入証明不要だからこその便利さと制約

カードローンの申し込み時にいろいろな書類が必要となると、そろえるのに時間がかかったり、面倒だったりと利便性の問題がでてきます。そこで、収入証明不要カードローンが広まっているわけです。ただ、便利であることの裏返しとして、制約があるのも事実です。

 

まず、収入証明書がないと申込書に書いてある年収が真実であるかを知る術がありません。もともとカードローンは信用貸しなのですが、さらに上を行く信用貸しとなるため、カードローン自体の限度額いっぱいまで対象にすることはできないのです。
それでも、銀行の場合は300万円まで収入証明不要とするところもいくつかあります。

 

しかし、消費者金融の場合は国の政策の絡みもあって法的に50万円までしか対応できません。銀行でも消費者金融でも一定額を超える金額での申し込みをする場合は、便利さを捨てて年収証明書を提出する必要があるのです。

 

状況次第で収入証明不要の特典ははずされる

また、収入証明不要カードローンといっても、その限度額以内であれば絶対に年収証明書が不要であるということではありません。各社の説明にも書いてありますが、原則として不要としているに過ぎないのです。従って、少なめの金額で申し込んだとしても、審査次第で追加での提出を求められることがあります。審査自体は甘くないですが、問答無用で断られるよりは良い対応といえます。

 

さて、収入証明不要カードローンもキャッシングサービスには違いがないので、書類云々以外の諸条件が重要であることは忘れないようにしましょう。申し込みが簡単だとしても利率が高いようでは結果的に損をすることになります。その他、さまざまな条件をしっかりと比較して、自分にあったものを選ぶことです。急な出費で時間がないかも知れませんが、慌てるとろくなことがありません。

 

なにより、多く借りられるからといって、必要もない金額を利用することは避けたいものです。貸金業法で消費者金融が50万円までしか収入証明不要カードローンを扱えなくなっているのも、こうした問題への対策なのです。